Google著作権侵害による削除の申し立て時の個人情報を守る方法と申し立て取り下げ方法

今日書いた私の記事、インデックスされてるかな~?と自分で検索してみたら、ちゃんとインデックスされてました♪

おや?ドメインが違う!!!!

ということがきっかけで、私のブログ記事がパクられていることが判明し、Googleに著作権侵害による削除の申し立てをして学んだことをシェアしようと思います。

著作権侵害による削除でできること

Googleに著作権侵害による削除でできることは、検索のインデックスにおいて、著作権のあるサイトをコピーサイトから守ることです。

つまり

「これがオリジナルの記事ですよ!」という記事は、検索順位はともかく、インデックスされます

「これはコピー記事ですよ!」というものは、インデックスすらされないってことです。

その結果、コピー記事には検索してサイトを訪れるお客さんがいなくなることになるのです。

Googleは、デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)、いわゆるDMCAに基づいて、コピーサイトをインデックスから消しているってわけです。

スポンサーリンク

 

著作権侵害による削除によるデメリット

Googleに著作権侵害による削除のの申し立てする時、虚偽の内容は犯罪になる可能性があります。

だって世の中には、普通じゃ考えつかない悪いことを考える人がいるんですよ!

例えば、コピーサイトの方がオリジナルサイトに

「コピーされた!」

と訴える可能性もあるんですから!

そんなわけで、著作権を侵害されたって主張する時は

自分の本名をしっかり記載する必要があるのです。

それだけだったら別に良いのですが・・・

DMCAの情報管理しているLumenという会社がありまして、このLumenが

Googleに著作権侵害による削除の申し立てをした人の情報を公開しているのです。

わざわざ検索しないと見れないものではありますが・・・

記事のパクリ犯人に調べられたら仕返しされるとか…妄想しちゃって、ホント怖くなっちゃいます!(´;ω;`)

これがGoogleに著作権侵害による削除の申し立てをする最大のデメリットですね!

あとは、「削除の申し立てが面倒くさい」とかでしょうか。

著作権侵害による削除で本名を晒されないための対策

Googleに著作権侵害による削除の申し立てをする時、本名を晒さない方法があるようです!

私はこの情報を知ってから、まだ記事をパクられていないので試していないのですが、こちらのw.(だぶる)さんの記事に

著作権侵害による削除の申し立てをするページに、本名を入力した後、会社名(グループ名)を入力すれば、会社名(グループ名)でLumenで表示されると書かれていました!

次回があるのは嫌ですが、また記事をパクられた時に試してみようと思います!w.さん、ありがとうございます!m(_ _)m

Google著作権侵害報告の入力方法

Googleの著作権侵害による削除のページはこちら

Lumenのサイトは、赤で囲ったアドレスをクリックすると行けます。↓

では入力しておきますよ~

↑①と②を入力します。

↑著作権所有者の箇所を「本人」を選び、下の□に✔を入れます。

↑メールアドレスを入力し、国を選択します。

次に、記事のどこがどんな風にパクられたのか入力していきます。

↑赤で囲った中に、コピーサイトを見つけた経緯をかいてもいいし

削除要請をしたけど無視されてるとか

とにかく記事を完全に丸パクリされてて悪質だとか

自動でコピーされてるみたいで、自分が記事を書くと数分でコピーされるんだとか入力します。

長文で書けば良いってものではないけど、素晴らしい文章じゃなくても大丈夫!

Googleの人に、著作権を侵害されている状況がわかるように書きましょう!

次に、著作権を侵害されている部分を一つずつ入力していきます。
※一度に申し立てできるのは10件までです。

↑①にコピーされてしまったオリジナルの記事、つまり自分の記事のURLを入力します。(1件だけです!

②は、コピーサイトの①の記事をパクッたページのURLを入力します。

ここを逆に入力しないようにして下さいね!

※いつも記事を更新する度にSearch ConsoleでFetch as Googleで記事のインデックスリクエストをしておくことで、

自分の記事が最初にインデックスされた=オリジナル記事です!

という証明にもなります。

続いて、他にもパクられた記事がある場合・・・

↑他に著作権侵害だ!と思う箇所(記事)がある場合は、「新しいグループを追加」をクリックすると、新しい入力フォームが現れます。

先ほどと同じ要領で入力していきましょう!

最大10件まで入力フォームを出すことができます。

10件を越して著作権侵害による削除の申し立てをする場合は、再度このページを開いて、また同じように入力していきます。

ここまでくれば、後少し!

↑よく読んでチェックを入れていきます。

その後は署名欄です!

↑①2018年3月10日なら、「03/10/2018」と入力し、署名は日本語(漢字)でもOKです。

②クリックして✔を入れます。

③間違いがなければ送信ボタンをクリックします。

処理してもらえたかどうかを見るには・・・

↑ページ上部の著作権侵害による削除をクリックすると、著作権侵害による削除の進捗状況を見ることができます。

↑私の申し立ては全部承認されました!

著作権侵害による削除で本名を晒された後に削除してもらう方法

私の場合は、Lumenでしっかり名前が公開されてしまって嫌だったので、パクリサイトが記事を削除したのを確認してから「著作権侵害による削除の申し立てを取り下げる手続き」をしました。

Googleに申し立ての取り下げを頼む

「著作権侵害による削除の申し立て」を取り下げる時は、まずはこちらに連絡します。→Google検索/アシスタント ヘルプ フォーラム

多くの人が削除の申し立てを取り下げるメッセージを送っているので、見よう見まねでメッセージを送ります。

自分の名前は本名じゃなくても大丈夫です。

削除の申し立てをした時のID番号を明記すれば、手続きしてもらえます。

次はLumenの手続きです!

Lumenに削除申請

Googleによると

Lumen 側に記載されている個人名は削除されません。Lumen 側に記載されている情報を削除したい場合は、直接 Lumen にご連絡ください。

ということなので、Lumenへの削除申請を別途していきます。

Lumenへの削除申請は、Lumenへe-mailを送るとできるようです。(まだ私はGoogleに削除の申し立てを取り消す手続きが終わっていないので、Lumenへの削除申請は予習段階です。)

Lumenのe-mailアドレスはこちら→team@lumendatabase.org

Lumenへのメールには、自分の個人情報が公開されているページURLを伝えると良いそうです。

Googleでの手続きが終わっていれば、削除されると信じて、英作文にビビらず頑張りますよー!

結果が出たらまた追記しますね♪

最後に

削除依頼の申し立てを取り下げるヘルプフォーラムでは、毎日取り下げをお願いする人の書き込みがあります。

それって、被害者なのに、自分の名前が公開され続けているのが嫌っていうのが理由でしょうね。

被害者なのに、なぜか不利な状況っていうのは、どの犯罪被害者も同じかな?と思います。

Googleに検索結果からコピーサイトを削除してもらっても、コピーサイトに記事を削除してもらえるわけではありません。

とりあえず検索順位で、オリジナルの自分の記事が負けないようにするだけの手続きとも言えます。

やるせないですね・・・。

私がやってみたコピーサイト対策をまとめた記事はこちらです↓

https://workstyleathome.com/archives/50

それぞれの対策の目的と結果と問題点をまとめています。

記事をパクられ続けている時は本当に嫌な気持ちで、40歳過ぎて本気で「ホワイトハッカーになりたい!」なんて思って調べました!笑

今後も有益な情報をシェアしてきたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です