猛暑の原因は赤外線!反射する素材を探せ!服・車・窓に使えば暑くない?

猛暑の原因は温暖化とか、背の高い高気圧やフェーン現象だってテレビで言ってたけど

そもそも太陽から熱を伝えているのは赤外線なんです。

もし赤外線を反射する素材の服とか、屋根とか、壁とか、車とか、窓ガラスがあったら・・・

そこそこ涼しく過ごせるはず!

というわけで、今回は猛暑を乗り切るために赤外線を反射する素材を考えてみました!

そもそも赤外線って何?

太陽からの地球に降り注ぐエネルギー、電磁波についてのお話です。

紫外線とか可視光線も、聞いたことがありますよね!

(※X線など、普段意識しなくて良い波長の電磁波についてはここでは触れません。)

電磁波には、波長ごとに特徴があります。

超ざっくり説明すると・・・

  • 紫外線・・・日焼けする
  • 可視光線・・・見える
  • 赤外線・・・熱を感じる

↑こんな感じです。

因みに「物の色」は、その波長の光を多く反射しているから、人間の目に「色」として見えるのです。

例えば、

緑色のTシャツは、緑色の波長を多く反射していて

白いシャツは、全ての可視光先を反射しています。

黒いシャツは、全ての可視光線を吸収しています。

じゃあ、赤外線色のシャツを着れば・・・ってないから!

赤外線は、目に見えないので色で反射することはできません。(´・ω・`)

でも・・・色とは言えないと思いますが、赤外線を反射する身近なものがあります!

※「黒い服は暑い」というのはあまり正しくありません。
以前、ただの水と墨汁を混ぜた水を、炎天下に置いて実験しましたが、水の温度変化の差は、殆ど見られませんでした。

スポンサーリンク

 

赤外線を反射するして熱を遮断する素材

赤外線を反射する素材、それは鏡面加工の素材。

  • 光沢加工の金属

などを思い出してください!

魔法瓶の中は鏡になっていて、お湯の温度を魔法瓶の外に伝えません。

車のフロントガラスに取り付けるサンシェードも、ギラギラのアルミ加工のものがありますよね。

保冷バッグの内側も、キラキラのアルミ加工になってる場合があります。

これを身の回りの物に応用すれば、日射による熱(赤外線)を反射して、涼しく過ごせるかもしれません。

この方法を車で応用すると・・・

↑猛暑対策で鏡面仕上げにしてるわけじゃないし、ファンに怒られそうです。スミマセン(;´∀`)

本当は鏡面加工にしなくても、赤外線反射材で塗装した車、あります。

このトヨタのサーモテクトに使われている塗料を、家の瓦や外壁に仕込めば、熱を反射する家ができそうです。

そして窓には、マジックミラーシートを貼るのです!

車よし!

家よし!

あとは服ですね!

ありましたよ、鏡面加工に近い服が。

このお姉さんの笑顔を見れば、炎天下でもOKなのが分かりますね。(違います)

このアルミスーツは、火の粉が飛び散る炉前での作業や、溶接などの作業に使う服だそうです。

驚いたのは、洗濯もできることです。

※服の中は体温を保つため、36℃をキープしてくれる可能性大。36℃は暑い!外気温が40℃などだと涼しく感じるかも…。

そこで全身を覆ってしまうより、背中や腕のみに使えるグッズも良いかもしれません。

あとは・・・頭を守る日傘か帽子ですね!

でもアルミの帽子なんて、あるわけ・・・

あった。

じゃあ日傘なんて余裕ですね。

これで家にいる時も、外出時も完璧に赤外線を反射することができますね!

ただ、赤外線を反射するということは、周囲に赤外線を撒き散らしているということなので、あなたの前後左右の人は余計に暑いかもしれません。

仕方ないから2年後の東京オリンピックの時は、全員鏡面加工に身を包むしかなさそうです。

赤外線を吸収して熱が伝わるのを防ぐ素材

赤外線を反射するばかりが暑さを防ぐ方法ではありません。

反射せずに吸収する素材も、熱の伝わりを防いでくれます。

防熱フィルターは、ガラスの中に赤外線を吸収する金属を混ぜ込んでつくるそうです。

他には…以前、赤外線吸収スプレーがありましたが、最近は見かけないです。

あとは、水蒸気が赤外線を吸収します。

だから曇の日は気温が下がるんですね。(やっと気象予報士らしいことを言った!)

ということは、水が赤外線を吸収するわけなので、水の膜を張れば、いくらか熱を遮断できます。

さいごに

太陽光の熱、(赤外線)を防ぐ素材は、身近なところにありました。

私は大きなアルミシートをカーテンレールから吊るす方法を試しましたが、部屋が暗くてイマイチでした。

窓ガラスには、マジックミラーフィルムが良さそうです。

家の屋根や壁は、メーカーが早く開発してくれることを願います。

アルミスーツは、ぜひ新進気鋭のデザイナーに、おしゃれにデザインし直して頂ければ・・・

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です