毎日本当に暑いですね。

娘が「私の作った❝てるてる坊主❞が強力すぎた。お母さんごめん。」と謝ってくれました。

 

さて、こんなに暑いと子供の熱中症が心配です。

もし、子供が熱中症になった時、どんな症状なら救急車を呼ぶべきなんでしょうか?

慌てて病院に連れて行って、診療拒否されないために気をつけたいこととは?

私の経験と共に紹介します。

 

 

子供が熱中症?!救急車を呼ぶ目安と受診が必要な症状は?

環境省が発表している「熱中症対策ガイドライン」によると

熱中症かもしれない症状は

めまい・失神・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗
・頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・意
識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

引用:環境省熱中症対策ガイドライン

頭痛や吐き気はわかりやすいですが、筋肉痛って「熱中症かも?」って思いませんよね。

熱中症判断、意外と難しそうです。

 

熱中症で受診が必要な症状は?

子供に熱中症らしき症状が出た時

医療機関を受診した方が良いのか、受診しなくても涼しい場所で経口補水液などを飲んで休んでいればいいのか見分けるには

  • 自力で水分を摂取できない時
  • 水分を摂取しても症状が良くならない時

この2つが目安になります。

 

私の・・・っていうか私の息子の経験になりますが

小学校5年生の時、夏休みに水筒を忘れて遊びに出かけて

夕方5時に帰宅した時に頭痛を訴えていました。

「熱中症の症状だな。」と思い、自宅にあったサントリーのDAKARAを飲ませようとしたのですが、吐いてしまって飲めなかったのです。

こんな時は迷わず病院へ連れて行きましょう!

 

熱中症で救急車を呼ぶタイミングは?

環境省のガイドラインによると、救急車を呼ぶタイミングは

「呼びかけに応じない」

つまり

  • 意識がない
  • 意識が朦朧としている
  • 呼びかけに応じない

という症状です。

子供がボーッとしてたら要注意です。

因みに、総務省の「熱中症予防ポスター」によると場合によっては「自力で水分を飲めない」という場合も救急車を呼んでも良いようです。

 

子供の様子がおかしい時、近くに病院があれば、救急車を呼ぶより病院に連れて行くほうが早い時もありますよね。

いざとなったらどうするべきか、母は常に考えておきたいです。

 

環境省の熱中症対策ガイドラインはこちら

 

子供が熱中症!病院に診療拒否されないために知っておきたいポイント

引っ越しが多い我が家は、新しい土地ではかかりつけ医を見つけるのに一苦労です。

 

先程もすこし触れましたが、次男が小学校5年生の時の夏休みに、夕方に頭痛と吐き気を訴えました。

その時の経験から、子供が熱中症になった時の受診ポイントを紹介します。

 

小児科の診療時間外に、子供が熱中症になって受診が必要な場合は、総合病院の待合いスペースで嘔吐している子供でも診療拒否されることもあるので

大げさだと思わずに救急車を呼ぶのが正解だと思います。

更にいつでも子供を受け入れてもらえる医療機関をリストアップしておくことは、本当に必要。

わからない時は、病院に行く前に電話して受け入れてもらえるか聞いてみると良い!

 

これらのポイントを抑えて受診すれば、私のような失敗はしないはずです。

その失敗とは・・・

 

息子(小5)が熱中症で診療拒否された経験談

3年前、次男は長時間水分を摂らずに外で遊んでいました。

夕方に帰宅したときには、頭痛と吐き気という症状で

素人目に見ても熱中症が疑われました。

吐き気で水分を摂れなかったので点滴が必要だと思った私は

車で3分の距離にあるA病院(小規模だけど総合病院)に連れて行ったのです。

救急車は呼んでもすぐに来ないって知ってるし、車で3分の距離にある医療機関に行くのが良いと思ったのですよね。

 

するとA病院の看護師に、

「もう小児科医は診療時間が終わって帰られたから、別の病院に行ってください。」

と言われたのです。

隣で次男がゲーゲー吐いてるのに!

 

更に

「内科医はいるけど、小児科医じゃないから何かあったら良くないので、B病院に行ってください。」

と言われたのです。

 

因みにGoogleMapで検索すると、B病院はA病院から車で34分

今、頭痛と吐き気に苦しんでいる子供を車に乗せて、30分以上移動?

あと30分も治療してもらえないってこと?!

その間に手遅れにならない?!と心配でした。

 

おまけにこんなことも言われました。

「こういう時は救急車で行けば良いんですよ。」

 

診療拒否です。

息子は11歳で身長140cmくらいでしたが、乳幼児でもないし、内科医に診てもらえると思ったのですが・・・

 

病院にもよるし、医師の考え方にもよると思いますが、嘔吐している子供を車に乗せて、30分以上移動するって本当に怖いです。

 

救急車を呼ぶより早いからって、いきなり病院に行くのは失敗でした。

この時、行く前に電話で問い合わせるって大切だなと思いました。

でも車で30分はキツイ!

何分後に手遅れになるのかわからないだけに、本当に判断に迷います。

 

さいごに

最後に、余談ではありますが、診療拒否された次男がその後どうなったのかお話します。

 

次男が素人の私が見ても、明らかに熱中症の症状で吐いてるのに診療拒否された時

私・・・・普段は低姿勢なんですが、この時は怒りがこみ上げてきて

「今、ここに、この病院に、救急車を呼べば良いってことですか?

あー、そうですか、じゃあ、呼びますね!」

と言って携帯電話を取り出しました。←完全にキレてる?!(;´∀`)

 

すると、恰幅のいいオジサン内科医が登場して、次男の診察をしてくれて、点滴もしてくれました。

私、無意識で脅してたのかな?

私もモンスター患者とかクレーマーになりたくはないから、できれば病院側の気持ちを察して遠くのB病院に行きたかったけど、次男が死んじゃうかと思って必死だったんですよね。

 

それにしても病院にいるのに救急車呼ぶって、変な話です。

助かって良かった!

A病院、ごめんなさい!そしてありがとうございました!

 

明日から夏休みです。

全国の母さんたち、力まず頑張ろー!

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます!m(_ _)m