アドセンス規約違反、つまりポリシー違反の通知を受けるとき、知らないうちに広告だけ消されていることもありますが、メールや自分のAdSenseページでポリシー違反を知ることがあります。

そんな時の、記事を直して審査をリクエストする手順をまとめます。

 

Google AdSenseからのお知らせ

ある日、突然AdSenseからのメール・・・

このメールを出先で見ちゃったら…いやもう本当にドキドキします!

 

AdSenseの収益を主な収入源にしている人にとって、めちゃくちゃ不安になるメールです。

帰宅して作業するまで、もう何をしても上の空です~。

では記事を直して審査をリクエストする手順を紹介します(;^ω^)

 

 

ポリシー違反の詳しいチェック~審査リクエスト

そして帰宅してすぐに、PCからAdSenseのページをチェック。

設定をクリックして

「ポリシーセンター」をクリックします。↓

 

普段はこんな画面になるところが・・・

今回ばかりはこんな画面…。↓

「アダルトコンテンツ」だって。

赤い

をクリックすると、

  • 「記事を直したら、広告を貼ったままにして、審査を申し込んでね」
  • 「広告を貼ったままにしないと、審査できないから、審査を受けたいなら広告を消さないでね。」
  • 「広告を消すなら、審査の申し込みはしないでね。」

ということが書かれています。

(スクリーンショット撮ってなくてスミマセン!)

 

直すべき記事のURLは一つずつ表示されているので、ダウンロードしてもいいし

コピペして一つずつ直していってもいいです。

 

記事を直した場合の審査の申し込みも、この↑ページでそのままリクエストできるようになっています。

 

私の場合、3か月前からボチボチ広告が消え始めて、何度も記事を直していたっていうことと

そもそも1年前に「このネタ、アドセンス的にOKなのかな?」と書いてみて、ずっと広告が表示されてて、ポリシー違反のメールも来なかったから

「あ、このネタ、大丈夫なんだ~♪」

と、月1回くらいのペースで書き続けていた記事が対象だったのです。

 

今頃?って思いましたが、数日で記事単位のペナルティが16記事まで増えたのと

表現を変えると伝えたいニュアンスが全然伝わらない気がして、広告を削除する方向に切り替えました。

 

最近、アドセンスの規約違反を見張るAIがおかしいのか、ペナルティを出しまくっているそうです。

「キス」でも、アダルトコンテンツでペナルティ。

ツイッターを見ていると、

下手すりゃ何もしてないのにアダルトコンテンツ警告。

とつぶやいている人がいました。

PTAからGoogleに苦情でも来たんでしょうか?!

 

ではでは、次の記事では自動広告や関連ユニット広告をURL単位で消す方法を書いていく予定です。

アドセンス規約違反通知(記事単位のペナルティの場合)時にやること優先順位についてはこちら

最後まで読んで頂いてありがとうございました!m(_ _)m