PostViewsとGoogle Analyticsの値が違いすぎる理由と対処法は?不正アクセス?まさかハッキング!?

私が作ったばかりの、超SEOの弱いこのブログ。

昨日、私の使っているプラグイン「PostViews」の解析を見ると・・・大量にアクセスがあるではないか!

どうしちゃったの?

嬉しいけど、そんなはずは・・・

と、同時に、大量のスパムメールも来ました!!!(TДT)

というわけで、今回はブログを運営していて経験するトラブルについてのお話です。

PostViewsでのPV数が急上昇した時に確かめたいこと。

PostViewsとGoogle Analyticsの値が大きく違う時にどうすべきか

悪質なアクセス(ハッカー?)からブログを守る方法についてです!

PostViewsでのPV数が急上昇した時に確かめたいこと

普通、できたばかりのブログは、検索して誰かに見てもらえる可能性は低いものです。

それなのに、この私の弱小ブログにアクセスが急増!

嬉しいっ!ヾ(*>∀<)ノ゙

って喜んでる場合じゃないです。

ともかく、Google Analyticsでもアクセスが急増しているのか見てみることにしました。

すると・・・

案の定、Google Analyticsでは、PostViewsで見たPV数の20分の1くらいのアクセスしかないのです!

これは・・・この直前にお問い合わせメールが3秒に1通来ていたことと関係するのかもしれません!

ともかく、誰が私のブログにアクセスしているのか確かめねば・・・

スポンサーリンク

 

PostViewsとGoogle Analyticsの値が違いすぎる時にどうしたらいい?

PostViewsでのPV数と、Google AnalyticsでのPV数があまりにも違うため、サーバー側でのアクセス解析をやってみました。

私はエックスサーバーを利用しているので、エックスサーバーでのアクセス解析の方法を紹介します。

まずエックスサーバーのインフォパネルログイン

サーバーパネルログイン

必要な人は、サーバーパネル左下の設定対象ドメインを選択します。

⇩次に、「統計」の「アクセス解析」をクリック。

⇩「アクセス解析の追加」をクリックし

⇩対象ドメインを確認後に「アクセス解析設定の追加」をクリック。

暫く待つ!

夕飯を作るとか、他のことをやって待ってましょう・・・

自分のブログがハッキングされてる!?悪質なアクセスを調べる方法

アクセス解析が見れるようになると、「アクセス解析の一覧」の「閲覧」をクリックします。

まず、時間別アクセス解析を見てみると・・・

↑オカシイ!

こんなにアクセスがあるなんてオカシイ!

言ってて悲しくなるけどオカシイ!

そこで「アクセス解析ページ」の画面左下の方にある「IPアドレス・ホスト名別」をクリックして下さい!

すると、IPアドレスがズラーッと出てきます。

なんと、私のブログの場合は、私のIPアドレスから1日に何百ものアクセスがあったことになっています。

でもそれって普通じゃありません。

記事を作成したり、自分のブログをチェックしてアクセスはしますが

いくらなんでも一日に800PVとか変です!

もしかしたら、ハッカーに何かされているかもしれません。

というわけで、明らかに変なアクセスを調べるために、IPアドレスが怪しくないか調べてみます。

IPアドレスから、所属する国、whoisの詳細がすぐにわかるサイトはこちらです!

なんとAbuseIPDB というサイトは、 IPアドレスの Blacklistまで見れるのです!

その結果

  • 中国
  • 香港
  • フィンランド
  • アメリカ

という外国からのアクセスが来てるのがわかります。

しかも世界規模でBlacklist登録されているIPアドレスもありました!(T_T)

その他もほとんど海外からのアクセスです。

海外在住の日本人が見てくれてる?

なわけありません!

whois情報を見たら、思いっきり外人の名前でした。

これは、私のブログへに悪いことを仕掛けるハッカーとか、犯罪関係の人という可能性が大きいです。

最初は、IPアドレスを一つ一つ調べて、アクセス拒否設定をやってました。

でも、あまりにも中国からの不正アクセスが多い場合は、国別に拒否設定するのもアリですね!

悪質なアクセスから自分のブログを守る方法

不正なことをする人のIPアドレスからのアクセスを拒否する場合

IPアドレスを個別で設定するか、国ごと拒否設定する方法があります。

不正アクセスの数が少ない場合や、IPアドレスがアメリカの場合、個別でアクセス拒否設定するのが良さそうです。

アメリカを国ごと拒否するのが良くない理由は、アメリカを国ごと拒否設定しちゃうとGoogleのクローラーからのアクセスも拒否しちゃうことになるから・・・と言われています。

そうね。

Googleさんとは仲良くしておきたいから、アメリカを国ごと拒否はやめよう。

でも中国に私のブログを見たい人がどれだけいるかを考えても、悪質なアクセスが多すぎるので国ごと拒否しても良いと思います!

IPアドレスを個別で設定する方法

IPアドレスを個別で拒否する方法は、「.htaccess」に、拒否コードを貼り付けるか、

エックスサーバーなら「サーバーパネル」の「アクセス拒否設定」で簡単にできます♪

アクセス拒否設定についてまとめているので、こちらの記事を見ながら設定してみて下さいね。

https://workstyleathome.com/archives/180

国ごと拒否設定する方法

調べると、国ごと拒否設定するコードもありますが・・・

めちゃくちゃ長い!

結局、コードの中には、大量のIPアドレスを含まないといけません。

そこで国別でアクセス拒否設定できるプラグインがいくつかあります。

  • WP-Ban
  • CaretCountryAccessLimit
  • IP Geo Block

実際に私が試したプラグインは「IP Geo Block」

こちらの記事を参考に設定しました。

IP Geo Block (防御能力の高いWPプラグイン) の設定方法

記事を書いて下さった「るな」さん、ありがとうございました!m(_ _)m

これで、ひとまず落ち着くと良いのですが・・・

今日は涙が出るくらいPVが少ないので、アクセス拒否できてるみたいです!

最後まで読んでいただいてありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です