地震の前兆がわかるなら、知っておきたいですよね。

でも・・・地震の前兆現象についてはガセ情報だらけです。

ガセ情報の中にも、ご先祖様たちの経験が含まれているかもしれないので、全部を否定するのもどうかと思いますが

本当に前兆って言えるものは何でしょう?

 

 

地震の前兆だと言われていた現象

これまで、地震の前兆と言えば

動物の異常行動

  • 動物が興奮する
  • 動物が木の上に登る
  • 鳥の大移動
  • ネズミの大移動
  • 深海魚が水面付近まで上がり漁の網にかかる

植物の異常

  • 季節外れの花を咲かせる
  • 夜でもないのに誰も触れていないオジギソウがおじぎする

空の異常

  • 地震雲が現れる
  • 電波状況が悪くなり、ラジオやテレビ、電話の通信状況が悪くなる

などを聞いたことがありますよね!

 

予言が出来るという人は

  • 不快なノイズが聞こえる
  • 頭が痛くなる
  • 夢で見る

というのがありますが、いずれも「地震が起きるよ!」と、全国に発信されるわけではないのでわかりません。

 

動物の異常行動については、映画でなら見たことありますよね!

植物は・・・どうかなぁ~

地震雲については・・・

私はペーパーだけど、気象予報士なので一言言っておきたいのですが、地震雲っていうのはありません。

地震雲かも?とTwitterに投稿している人はたくさんいますが、どれも普通の雲です。

前日の夕焼けの色が変だったというのも、たまたまです。

 

電波が乱れるというのも、データとして残っていることではなく、経験談的なことですね。

電波が乱れるとしたら、地震より太陽活動が活発になったとかの方が原因かもしれません。

では、確実に前兆だった!といえる現象はないのでしょうか?

 

予言や迷信ではない地震の前兆と言える現象

立命館で地理学のを教えている高橋学教授によると

「熊本地震も大阪北部地震も、南海トラフ巨大地震の前兆」

と考えられるといいます。

 

では、前兆の更に前兆というか、ここ数年の大きな地震に前兆があったのか、気象庁のデータベースを調べてみました。

とりあえず、本震の10日前くらいまでの期間についてです。

 

2011年の東日本大震災の時、前前日(9日)から、三陸沖で最大震度5弱の大きな地震が起きていました。

これはもう、地震の前兆は地震か!

と興奮した私は、更に調べてみたのですが・・・

 

1995年の阪神淡路大震災のときは、沖縄や伊豆半島沖の新島などでの地震だったので、前兆なしでいきなり本震が来た印象です。

2016年の熊本地震のときも、10日前に遡っても、熊本付近で震度3以上の地震はありませんでした。

同じく2016年の鳥取中部地震の時は、本震が震度6弱で、約2時間前に震度4の地震が同地域にありました。

鳥取中部地震の場合は、前兆となる地震があったと言えそうです。

 

でも阪神淡路大震災の時も、熊本地震の時も、「最近地震多いなぁ、そろそろ危ないか?」みたいなことは、データから見てもありませんでした。

 

ということは、大地震が起きるときでも、前兆と言える地震は、あるかもしれないし、ないかもしれないってことです。

 

巷には、プレート型(海溝型)の地震は規模が大きいから前兆として地震があるけど

活断層型(地殻内型)の地震は、震源が浅く、前兆となる地震が起きないことが多いなんて言う人がいます。

 

震源の深さを調べてみたら、

  • 阪神淡路大震災・・・16km
  • 東日本大震災・・・24km(余震で深さ66kmもあり)
  • 熊本地震・・・11km
  • 鳥取中部地震・・・11km
  • 大阪北部地震・・・13km

深さが24kmより深いから、前兆があったのだとはいい切れるものではありませんが、気になる値です。

 

気象庁のHPにも、場所や時間を限定した地震予報は、今の技術では難しいと明記しています。

でもせめて・・・直近の地震が起きた場所と震度を調べたい時は、気象庁のデータを活用させていただきましょう。

直近の地震についてのデータはこちら⇩

地震の備え、やりだしたらキリがないけど、面倒がらずに用意しておきたいですね。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました!m(_ _)m