初めて一眼レフで写真を撮った時、自分の撮った写真に感動しました!

特に大きなレンズをつけて、遠くにいる人に焦点を合わせた時、めちゃくちゃプロっぽい写真が撮れたのです!

 

レンズが大きいってスゴイ!

おまけに露出を調節できるなんてスゴイ!

と、カメラにハマった私ですが、今では

「iPhoneのカメラ、スゴイ~!」

「Instagramの編集、便利~!」

と加工する喜びにハマっています。(*´∀`*)

 

そこで、今回はiPhoneで撮った写真を、iPhone画像編集機能とInstagramアプリのみを使って、一眼レフ風に加工していく方法を紹介します♪

 

 

一眼レフ風写真の特徴はTBS日曜ドラマが教えてくれる!

まず、一眼レフ風の写真の特徴って何だと思いますか?

これは私の個人的な意見ですが、TBSの日曜ドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」、2018年4月から放送の「ブラックペアン」などのドマラ中に、しつこいぐらい何度も使われているカットが、ものすごく一眼レフ風なのです。

 

具体的に言うと・・・こんな画像です!↓

猫、じゃなくて!

  • メインにしたいものを左右どちらかに寄せる。
  • メイン以外をピンぼけにす

という写真です。

 

その他がピンぼけになっていることによって、メインの物が迫ってくる感じがしませんか?

iPhoneの画像編集機能で加工する

今回は、このバラの写真を

アプリを使わずiPhoneの画像編集機能でこの状態に加工します。

 

写真のアイコンをタップして、画像を選択した後、「編集」をタップします。

そして「ダイヤルマーク」をタップし、編集していきます!

「ライト」と「カラー」、どちらから先に編集してもOKですが、ここでは「ライト」から編集していきますね。

ブリリアンスを少し上げて、全体的に明るくします。

露出は上げすぎると白っぽくなるので少しだけ上げます。

ハイライトは変えないほうが良さそうなので、編集しませんでした。

シャドウは少しだけ上げて影を薄くします。

明るさを少しだけ足して

 

コントラストを少し下げて光を柔らかく

ブラックポイントを少し上げて、立体感を出します。

次はカラーの編集をします。

彩度を上げて鮮やかにして

コントラストを少し上げて、輪郭をくっきりさせます。

キャストは少し下げて青みを出します。

 

ここまででiPhoneの画像編集作業は終わり!

次はインスタでの編集です♪

Instagramの編集機能で加工する

ここではInstagramの編集機能を使います。

暖かさを少し下げて

彩度を少し上げます。

影をハッキリさせます。

ビネットで周囲を少し暗くします。

最後にチルトシフトで、手前のバラだけにピントを合わせて出来上がり!

 

では再び元の画像の比べてみますよー!

こちらが元の写真↓

そして出来上がったのはこちら↓

いかがですか?

面倒?

ま、フィルターかけるだけに慣れちゃうと、面倒かもしれません。

でも、「一眼レフみたい!」という褒め言葉を一度聞いたら

またやろうかな?  と思っちゃいます(*>∀<)

 

一眼レフ風の画像に編集するコツは、最後にInstagramの「チルトシフト」を使うこと」!

最初は、フィルターと「チルトシフト」だけでチャレンジしてみても良いと思います。

あなたも自分の撮った写真を素敵に編集して、Instagramを楽しんで下さい♪

風景写真をアプリなしで画像編集する方法はこちら→【iPhoneで画像編集する方法】アプリ無しでインスタ映えする風景写真が簡単にできます

 

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます!m(_ _)m