蚊研究の大学生田上大喜(たがみだいき)さんの天才列伝と蚊に刺される条件

あなたは蚊に刺されますか?

私は・・・・・・・・・・・

超ー、蚊に刺されやすい体質です!

そんな人の救世主になるのか?!

高校生の時に蚊の研究で一躍世界に知られることとなった、田上大喜(たがみだいき)さんの天才列伝と、田上さんの研究結果でわかった「蚊に刺される条件」をまとめます!

今年は蚊に刺される回数を減らせるか?!

田上大喜さん天才列伝

田上大喜さんのプロフィールはこちら

  • 生年月日・・・1999年10月1日(2018年7月現在18歳)
  • 家族構成・・・両親・妹の4人家族

家族構成は

  • 父親・・・メーカー勤務
  • 母親・・・専業主婦
  • 大喜(だいき)さん・・・本人
  • 千笑(ちえみ)さん・・・2歳下の妹

ごくごく普通の家庭に見える田上家ですが、お父さんはメーカー勤務で、海外勤務が長かった方なのです。

そして家族でお父さんの仕事のために引っ越してきたので、大喜さんや千笑さんは、海外暮らしが長かったといいます。

田上大喜さんの子供時代

幼少期をアメリカで過ごした田上さん。

幼い頃は発育がゆっくりで、言葉がうまく出なかったというのです。

海外ぐらしの子供には、時々聞く話ですね。

私の知人の子供も、赤ちゃんの時期をオーストラリアで過ごし、3歳まで言葉が出なかったと聞きましたが、今、めちゃくちゃ優秀です!

さてさて、田上大喜さんは、言葉の発達が遅かったものの、妹の千笑さんの言葉を習って習得していったと…田上さんの親の所見です。

田上さんが10歳の時、お父さんの仕事の都合でシンガポールに引っ越しました。

当時、シンガポールではデング熱が流行していて、街中で殺虫剤が散布されていました。

10歳の田上少年は・・・蚊は生きるために吸血するのであって、病気を媒介したいわけではないのに可哀想。と思ったそうです。

まぁ、大人が「蚊」という弱そうな虫に大わらわだと、興味も湧くかもしれませんね。

ここで豆知識。

人間の命を奪う生き物ランキングー!!!!

1位・・・蚊(日本脳炎、デング熱、マラリア、チクングニア熱、ジカウイルス感染症、、ウエストナイル熱、黄熱など)

2位・・・人間!(戦争なども含みます)

3位・・・蛇(日本ではマムシなどに気をつけましょう!)

蚊って、痒いだけじゃないんです。

とまぁ、海外生活が長かった田上家ですが、大喜さんが中学3年生の時に帰国して、京都府に住むようになりました。

田上大喜さんの中学生時代

田上大喜さんは、中学3年生の時に、小説を書いて星野真一賞を取ったそうです。

読んでみたいですね♪

田上大喜さんの高校生時代

田上少年は中3で帰国したので、すぐに高校受験ですね。

サイエンスが好きだったことと、家から歩いて通えるという理由で、田上さんの選んだ高校はー

スーパーサイエンスハイスクールの認定を受けている京都教育大学附属高校だー!

偏差値69だー!!!!

選んだ理由は?

田上さん「自宅から歩いて通えるから。」

だとさ。

在学中の田上少年は、全国模試を受けようものなら、校内ではほぼほぼ1位。

数学は毎回ほぼ満点!

そして相変わらず蚊に興味があり、自宅で飼育しながら研究をしました。

なぜ、足臭(ゴメンナサイ!)の父親ではなく、臭くない妹がより多く蚊に刺されるのか?

という疑問を解決すべく、自宅で蚊を育てて実験を繰り返したのです!

最初は、リビングでボウフラを育てていましたが、家族が躓いてボウフラをこぼすなんてこともあったそうです。

仕方なく(?)、両親に自宅の一部屋を「蚊専用」(シャー専用みたいな言い方で言ってみよう♪)にすることを許され、研究の日々が続きました。

そして、一定の研究結果が出たことで、世間に注目されるようになったのでした。

田上大喜さんの大学生時代

田上さんは、蚊の研究発表が注目され、世界から人が集まって、自分の研究について言及してくれる環境に刺激を受け、

アメリカのコロンビア大学を受験します。

コロンビア大学といえば・・・宇多田ヒカルさんと同じですよね。

あと、オバマ元大統領とも同じ大学です。

しかし田上さんは理系。

受験勉強はどんなに大変だったか・・・と思うのですが、昼間の勉強のみで見事合格!

夜は蚊のお世話で忙しく、勉強時間はなかったそうです。

世界で知られるアイビーリーグの名門大学・コロンビア大学に合格した田上さん。

なんと理系の受験者の中で、10位以内の成績で合格したのです!

受験の怪物とも言えそうな、凄まじい学力です。

そして10位以内でコロンビア大学に合格した人には、特典がありました。

「ラビスカラー」

それは、入学前から大学での研究に、参加させてもらえるのです。

田上さんは、ショウジョウバエを使った脳の神経幹細胞の研究をしています。

日本の自宅で飼ってた蚊は、現在妹の千笑さんがお世話しているということです。

コロンビア大学が認める優秀な学生・田上大喜さん。

その田上さんの研究によってわかった、蚊に刺されやすい条件とは⁈

スポンサーリンク

 

田上大喜さんの蚊研究結果!

現在18歳の田上さんが、高校生の時に導き出した蚊に刺されやすい条件とは…

蚊に刺されやすい条件

田上さんの実験結果からわかったことは

「蚊は足の臭いより、足の常在菌の多い人の方が、蚊に刺されやすいということ。」

それを証明するために、田上さんが利用したのは

肌の水分量。

田上さんはどうやって肌の水分量が違う人を集めて、実験したのか想像するだけでも面白いですね。(^^)

そうして実験結果をプロットしていって、一つの公式にたどり着いたのです。

その公式とは・・・

y=-127.6+4.20・x

y=蚊に刺される回数

x=肌の水分量%

なんと、田上さんの実験結果から、一次関数が導き出されたのです!

この硬式から言えることは、

「肌の水分量が多いほど肌の常在菌は多い→蚊に刺されやすい」

ということですね。

なお、

  • 血液型がO型の人は蚊に刺されやすい。
  • アルコールを飲んでいる人も蚊に刺されやすい。

という以前から言われていたことも、本当だそうです。

蚊に刺されにくくするにはどうする?

蚊に刺されやすい条件がわかったので、蚊に刺されにくくするにはどうすれば良いのか想像できますね!

そう!

乾燥肌になれば良いのです!←違うだろ!

違う違う!

常在菌を蚊がいそうなところに行くときは、足をアルコール除菌シートで拭いて

一時的にでも常在菌を減らしてしまえば良いのです!

と、田上さんが仰ってました。

明日は花火大会なので、早速試してみます!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です